第六章 プラス思考とマイナス思考



第6章・プラス思考とマイナス思考


禁煙に関しては、上手くいっても、失敗しても、常にプラス思考が大事です。

失敗を気にしすぎて、落ち込んでいると、再スタートへの覇気は無くなります。「自分は禁煙すらできない人間だ」と自責の念で張り裂けそうにもなり、煙草の害にストレスにより害もプラスして、益々、体を悪くしてしまいます。

禁煙が順調にいっている人は、もちろん煙草を止めた自分に誇りを持って、これからも離脱症状や郷愁感に打ち勝って、勝ち続けていかなければなりません。
そのためには、常にプラス思考でいることが肝要です。

また、今まで依存していたものを失った。という事は事実ですから、禁煙が上手くいきつつも「煙草を失った」という思いにとらわれ過ぎると、うつ状態などにもなりかねません。

「失った」ではなく、「解放されたのだ」という思いを強く持ち、「煙草を止める」という事は正当な事である。という認識を高めて下さい。

今まで依存していたものをうしなった。ではなく、今まで支配されていたものから解放されたのです。

と、ここまでは、「耳タコ」な話しですが…。

○マイナス思考の必要性○

実は、禁煙にはある面「マイナス思考」というものも必要であったりします。

「なんだよ、言う事に一貫性がない奴だな」 とご立腹の方もおられてかも知れませんが…。

特に禁煙3ヶ月未満の方に言えることです。

ここでいう、マイナス思考、という事は「最悪の事態」を想定する、もしくは、その最悪の事態に備える。という事になります。

もちろん「最悪の事態」というのは、「煙草を吸ってしまう」という事です。

これは、どんなに目的意識を高く持って禁煙にチャレンジしていようと、「もしかしたら」をいつも想定して禁煙に臨む。という事です。

「残りの煙草を処分しないと、もしかしたら吸ってしまう」
「泥酔するほど酒を飲んだら、もしかしたら吸ってしまう」
「喫煙者ばかりの集いに行くと、もしかしたら吸ってしまう」
「あまり無理して仕事すると、もしかしたら吸ってしまう」
「寝不足をすると、もしかしたら吸ってしまう」
などなど…

注意すべき点は、全て注意するべきだ。と、言う事です。

「お守りになる」という訳の分からない理由で、煙草を手元に置いている人の話しもありましたが、その人は、「手元に置いていたにも関わらず成功できた」のであり、煙草は「お守りになどならない」というのが紛れもない真実です。

手元にもう二度と必要の無い物を置いておくのはスペースの無駄です。

仕事に関しては、無理しないように…といっても、どうしても無理しなくてはならない場合もあるでしょう。となると、上手なストレス抜きを考えなければならないでしょう。

睡眠不足になっている人は、昼休憩や、ちょっとした余暇に、ほんの15分でも仮眠をとりましょう。これは禁煙中の人でなくても、健康のためにおススメです。

お酒もガブ飲みするより、じっくり味わったほうが、自分のためです。日本酒などは、とくにじっくりやりたいものです。

禁煙したことを機に生活環境を改善しましょう。

ここでいう「マイナス思考」とは、自分を過信せずに、思いつく事は万事、気を配って、「煙草の誘惑」に備えよう。と、いうことです。

簡単に禁煙に成功する方法
第1章 喫煙の理由。
第2章 禁煙しなくてはならない理由。
第3章・禁煙の特典
第4章・煙草の価値を壊せ!
第5章・その時どう凌ぐか?
第6章・プラス思考とマイナス思考
第7章・禁煙のゴール
第8章・もしも、禁断の一本に手を出してしまったら
あとがき

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー
世界15ヵ国で翻訳され、イギリス、ドイツ、オランダで毎年ベストセラー!!成功率90%。本書であなたはタバコへの心理的依存から完全に解放される。

Sponsored Links
posted by 禁煙成功アングラー at 00:00 | 第六章 プラス思考とマイナス思考

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。